武蔵野大学附属千代田高等学院

教育環境

教育環境

閉じる

本校が目指す学び

 

 

下記より、本校の施設設備についてもご覧ください。

ICT環境の整備

 BYOD(Bring Your Own Device)を採用し、全生徒が自分のデバイスを活用して学習管理支援や授業支援のシステムを利用しています。校内に無線LANも完備。生徒一人ひとり学校アカウントを付与しています。

 さらに、ICT教育環境と図書を統合したアカデミックリソースセンター(通称ARC)を設置しています。ICTを活用し、仲間と学び合いながら、自分の興味にあわせて探究活動を深めていきます。

 

アカデミックリソースセンター(ARC)

【アカデミックリソースセンター(ARC)】

 これまでの図書室に様々な要素を充実させました。

 通常の図書室に加え、個人学習エリア・アクティブラーニングスペース・カフェスペースを備え、探究活動やそれぞれの生徒の関心に合わせた学びを深めていく事ができる最新設備です。

 さらに、アカデミックリソースセンター(ARC)では、ノートPC(Windows,Mac)の貸出しも行っています。

【ICT環境】

 校内に無線LANを完備しています。BYOD(Bring Your Own Device)で、生徒は持ち込んだ自分のパソコンやタブレットを活用して学習できます。また、一人ひとりにアカウントを配布し、生徒が様々な学習サービスにアクセスできる環境を実現しています。

 授業の枠内にとどまらず、生徒それぞれが自分の興味関心から探究活動を深めていくことが可能です。

Return to Top ▲Return to Top ▲