武蔵野大学附属千代田高等学院

サンプルページ

サンプルページ

閉じる

h1 35px ゴシック ボールド

h2 30px 明朝

h3 25px ゴシック ボールド

h4 25px 明朝 ボールド

h5 20px ゴシック ボールド
h6 18px ゴシック
h6 + class=”bgc”

 

class=”ttt”

ページの大見出し

リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文 リード文

 

リード文 リード文 リード文 リード文 リード文

「ブログ表示」見出し

2018/04/14 TOEFL Junior®/ TOEFL Primary ®試験実施のご案内

本校で、5月12日(土)に、TOEFL Junior®とTOEFL Primary Step2®の試験を実施しますので、

お知らせします。こちらの試験は、本校の在校生だけでなく、他校の中学生等も一緒に受験できます。

詳しくは、下記のお知らせをご覧ください。

 

【一般申込用紙】TOEFL Junior May 12

 

 

本校では、Chiyoda Global Challenge Programとして英語の運用能力を高める様々な取り組みを行っています。

今回実施する試験には、在校生全員がチャレンジします。また、本校の入試では、英語の運用能力を証明するものを

提出することで、得点の読み替えも行っています。ぜひ、多くの方に挑戦していただきたいと思います。

 

※本校の取り組みについては、下記のサイトでご紹介いただいています。あわせてご覧ください。

https://gc-t.jp/group/case_example/detail_chiyoda/

 

 

2018/04/02 【教育提携締結】米国シアトル市の現地校と

武蔵野大学附属千代田高等学院(東京都千代田区、校長 荒木貴之)と ベルビューチルドレンズアカデミー (アメリカ合衆国 ワシントン州ベルビュー市、校長 清水楡華)は双方の教育水準の向上と地域貢献への寄与を目的として、教育交流提携を行いました。この提携を通して、両校の特色・特徴、そして地域特性を活かした、下記のようなさまざまな交流を進めて行く予定です。

 

  • ・教育研究のための教職員・生徒の相互交流
  • ・イノベーティブな教育を進めるための共同研究の推進
  • ・双方の教育レベル向上のための教職員の研修プログラム等の推進

 

本提携は2018年4月1日から有効となり、今後両校の活発な交流を進めていきます。

 

武蔵野大学附属千代田高等学院 は1888年に東京都に創立され、今年で130年を迎える共学の高等学校です。2018年に国際バカロレア認定校となり、国際バカロレアコース、文理探究コース、グローバルアスリートコース、リベラルアーツコース、メディカルサイエンスコースなど、生徒の知性に応じたコースを展開するとともに、UN Global Compact会員として、SDGsを題材とした探究学習を推進しています。

 

ベルビューチルドレンズアカデミー は1999年にワシントン州ベルビュー市に創立されました。Pre Kから小学校、中学校(Willows Preparatory School)までの一貫教育を提供し、特に英語、数学に特色のある教育を行っています。国際バカロレア候補校として、またマイクロソフト・アマゾンなどIT産業の盛んなシアトルの地域特性をいかし、教育のイノベーションを進めています。

 

   

背景セクション

背景セクションの内容 背景セクションの内容 背景セクションの内容 背景セクションの内容 背景セクションの内容 背景セクションの内容 背景セクションの内容 背景セクションの内容 背景セクションの内容 背景セクションの内容 背景セクションの内容

円形背景

テキスト テキスト テキスト テキスト
テキスト テキスト テキスト
テキスト
テキスト テキスト テキスト テキスト
テキスト テキスト テキスト テキスト テキスト
世界標準のカリキュラムで学び、平和な社会の構築に貢献する
ディプロマ・ポリシー

国際バカロレア(IB)は、多様な文化の理解と尊重の精神を通じて、より良い、より平和な世界を築くことに貢献する、探究心、知識、思いやりに富んだ若者の育成を目的とします。
IBのプログラムは、世界各地で学ぶ児童生徒に、人がもつ違いを違いとして理解し、自分と異なる考えの人々にもそれぞれの正しさがあり得ると認めることのできる人として、積極的に、そして共感する心をもって生涯にわたって学び続けるよう働きかけます。IBコースは、国際的な視野をもつゼネラリストとして、将来国際的な舞台で活躍することや、あるいは、海外の大学へ進学することを目指す生徒を育成します。

想定進学先

国内のSGU(スーパグローバル大学)・海外の大学

特色あるカリキュラム

コア科目+6教科を通した全人教育のカリキュラムです。

週45時間
科目履修
教科グループ 提供科目
グループ 教科の内容
グループ 教科の内容
グループ 教科の内容
グループ 教科の内容

表の説明等のテキストを入れる。

ボタンの設置等も可能

特色あるカリキュラム

ダミーテキスト ダミーテキスト ダミーテキスト ダミーテキスト ダミーテキスト ダミーテキスト ダミーテキスト ダミーテキスト ダミーテキスト ダミーテキスト

週45時間
*が付いている科目は選択必修科目です。
10年生

国語

5

数学

2

ライティングスキル

2*

理数探求

現代文探求

3

世界史日本史探求II

6*

11年生

見出し

教科名

時間

教科名

世界史演習・日本史演習・公民演習

補足・説明をここに入力できます。

学院の1年
4ターム制

1日の学び
学院の1日
  • IB
  • LA
共学部
IB

1時限

7:30~ 8:15

2時限

7:30~ 8:15

昼休み

7:30~ 8:15

昼休み

7:30~ 8:15

補足・説明文をここに入力してください。補足・説明文をここに入力してください。

女子部
LA

時限

7:30~ 8:15

時限

7:30~ 8:15

時限

7:30~ 8:15

時限

7:30~ 8:15

千代田女学園中学校・高等学校は、1888年に島地黙雷氏により創設された仏教教育に基づく学校です。開校以来、「国際教養人の育成」という目標を掲げ、学校独自設定科目の「随意科」では日本文化を身に付けるとともに、中学校でのオーストラリア研修、高校グローバルリーダーコースのニュージーランド3か月留学など、グローバル体験を通した英語運用能力の向上にも取り組んできました。2018年内には、隣接して千代田インターナショナルスクール東京の開設も予定しており、今までにない国際環境豊かなキャンパスへと進化を続けています。

テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可 テキストの回り込みを許可

コース名を入力
  • ・「IB の学習者像※1」に共感し、適合しうる者
  • ・批判的思考を伴う、議論・論述に対応できる者
  • ・CEFR B1(英検2級程度)以上の者(出願はCEFR A2(英検準2級程度)でも可能です)
  • ・2年間、コア科目および6つの科目を学び続けられる者

・学業以外の活動にも時間を割ける者

 

コース名を入力

コースのアドミッション コースのアドミッション コースのアドミッション コースのアドミッション コースのアドミッション コースのアドミッション コースのアドミッション コースのアドミッション コースのアドミッション コースのアドミッション

補足・説明文をここに入力します。

 

CEFR(欧州言語共通参照枠)について
  • 英語の運用能力を確認するために、本校では、学習者の言語能力を6段階で表すCEFR (Common European Framework of Reference for Languages)と呼ばれる国際的な指標を利用します。

CEFRのレベルに対応する各種検定試験の級や得点(スコア)の目安は下記の通りです。下記以外の検定試験の結果を利用する場合は、事前にお問い合わせください。

※A1 レベルは、便宜的に、英検 3 級相当以上の運用能力を示すものとして数値を記載

IB・IQコース 2018年度 募集要項概要
募集人数 出願期間 試験日
推薦 20名 1月15日(月)~1月19日(金)
各日 9:00~16:00
1月22日(月)単願推薦・併願推薦
1月23日(火)併願推薦
併願優遇入試(東京・神奈川) 30名 1月25日(木)~試験前日
各日 9:00~16:00
2月10日(土)
2月11日(日)
一般入試 10名 1月25日(木)~試験前日
各日 9:00~16:00
2月10日(土)
2月11日(日)

応募資格などの詳細情報は、下記のリンクからご確認いただけます。

○ CEFR(欧州言語共通参照枠)と英語検定試験結果の利用について ※1、※2

・IBコースを希望する場合は、英語の運用能力を確認するため、必ず検定試験の結果が分かる書類を提出してください。下記以外の検定試験の結果を利用する場合は、事前にお問い合わせください。
・ IQコースでは、入試科目の英語を検定試験の結果で読み替えることができます(この場合、当日の英語の試験は受ける必要がありません)。出願時に必要書類を提出してください。

 

○ 加点制度について

・ IQコースに限り、5科において1点まで加点制度を用いて推薦基準に加算することができます。
・ 加点制度適用の対象は、漢検準2級以上、数検準2級以上です。

○ IB(国際バカロレア)コースでの推薦について

・ 推薦基準と応募資格(①~⑥)を満たしていれば、DP(ディプロマプログラム)が開始される高校1年12月までに、CEFRのB1レベル以上の英語運用能力に達することを条件に、CEFR A2レベルでも出願が可能です。

○ IQ(文理探究)コースでの推薦について

・ 推薦基準を満たしていない場合でも、応募資格を満たし、英・数・国・理・社のうち1つでも評定「5」があれば、出願が可能です。

○ スライド合格制度について

IBコースを希望の方は、コースの成績基準を満たしていない場合でも、IQコースの成績基準を満たしている場合には、スライド合格制度を利用することができます。IQコースで出願・受験し、当日の試験結果によって、IBコースへスライド合格することが可能です。スライド合格制度を利用したい場合は、出願時に本校までお知らせください。

表1の見出し
月日 時間 名称 場所
10月1日(日) 13:00~17:00 TOMAS主催個別相談会 新宿NSビル
10月15日(日) 13:00~17:00 TOMAS主催個別相談会 新宿NSビル
10月16日(月) 13:00~17:00 TOMAS主催個別相談会 新宿NSビル
表2の見出し
月日 時間 名称 場所
10月23日(月) 13:00~18:00 第13回埼玉東部進学フェア 草加アコスホール
10月26日(木) 13:00~18:00 第13回埼玉東部進学フェア 草加アコスホール

PTCテーブル
見出し
詳細を入力 詳細を入力
詳細を入力
詳細を入力
詳細を入力 詳細を入力 詳細を入力 詳細を入力 詳細を入力 詳細を入力 詳細を入力 詳細を入力
見出し
詳細を入力 詳細を入力
見出し
部活名
活動内容 活動内容 活動内容 活動内容 活動内容 活動内容 活動内容 活動内容
部活名
部活名
部活名
活動内容 活動内容 活動内容
部活名

部活名

部活名

部活名
Return to Top ▲Return to Top ▲