武蔵野大学附属千代田高等学院

News

News

閉じる

ヒマラヤ杉のベンチが完成しました

2018/4/21

新校舎(CHIST)・体育館の改築に伴い伐採したヒマラヤ杉が、ベンチとなり、千代田に戻ってきました。

現在、新館1Fの下駄箱の隣とCHISTのエントランスにあります。

 

 

 

ヒマラヤ杉は、生徒と教職員の募金によって植樹されたもので、常に、本校の歩みと共にありました。

 

はじまりは、半世紀以上も前。東京大空襲で、本校も校舎の一部を残し焼失した際にさかのぼります。

学校の復興・再建に向けて取り組む中、学校の緑化活動の一環として、多くの生徒たちが街頭に立ち

募金活動を行ったそうです。そして、その募金の一部でヒマラヤ杉の苗を購入し、植樹したとのこと。

 

また、同窓会の方々によると、かつては、ヒマラヤ杉を囲んで学園祭の後夜祭をしたこともあるそう

です。まさに、学校のシンボルでした。

 

そのヒマラヤ杉は、今回出来上がったベンチのほか、棟札(むねふだ)として新校舎の屋根裏に納めて

あります。いつまでも千代田を見守る存在です。

 

 

Return to Top ▲Return to Top ▲