武蔵野大学附属千代田高等学院

News

News

閉じる

2019年4月1日(月)武蔵野大学附属千代田高等学院入学式

2019/4/1

【平成31年度 第2回武蔵野大学附属千代田高等学院 入学式】

 桜の花が満開に咲く良き日に、当校第一体育館にて第2回武蔵野大学附属千代田高等学院入学式が執り行われました。

 

 

 献灯・献花・献香から始まり、敬礼文・三帰依と続きました。

 まず、荒木校長より新入生121名の入学許可のお言葉が告げられました。

 新入生代表2名が本校の130年に渡る宗門校としての素晴らしい伝統を継承しつつ、現代社会を強く華やかに生き抜く人間になることを宣誓しました。

 

  

 

続いて、荒木校長の式辞、浄土真宗本願寺派総長 石上智康様(浄土真宗本願寺派社会部 藤澤理映様代読)と学院長田中教照様よりご祝辞を頂きました。

 

   

 

 新入生の宣誓を受けて生徒会長より、3年間様々な事にチャレンジして欲しい、今までの伝統と私たちが作り出す文化を組み合わせて新たな歴史を作っていきましょう。と在校生を代表して歓迎の言葉が贈られました。

 

   

 

 本日は、次の年号が「令和」と決まった歴史的な日でもあります。

 武蔵野大学附属千代田高等学院で、多くのことを学び新しい時代を力強く生き抜く自立した人間に成長されることを心より念じております。

 新入生の皆さま、保護者の皆さま、ご入学おめでとうございます。

 

Return to Top ▲Return to Top ▲