武蔵野大学附属千代田高等学院

News

News

閉じる

令和元年度 武蔵野大学附属千代田高等学院・千代田女学園中学校 体育祭 2019年7月5日(金)

2019/7/8

武蔵野大学附属千代田高等学院・千代田女学園中学校の体育祭が、
エスフォルタ・アリーナ八王子にて開催されました。

 

開会式では、吹奏楽部の演奏による入場行進からはじまり、生徒による競技委員長
の開会宣言と、実行委員長のことばがありました。それぞれの委員長の活気に満ち
た声から体育祭に対する熱意が伝わってきました。次に荒木校長より挨拶がありまし
た。「開催会場が新しくなり、またここから新しい歴史が始まっていきます。
何年か後には、この会場も沢山の皆さまでいっぱいになることと思います。

千代田女学園中学校の生徒が参加する体育祭はこれが最後、
9年生は是非力強く頑張って頂きたいと思います。

また12年生は高校最後の体育祭となりました。日頃の練習の成果を存分に発揮して頂きたいと思います。

そして午後にはインドのムンバイから11名の生徒も競技に参加します。
今迄にない多くの参加者で作り上げる体育祭となります。
皆さんの活躍を期待しています。」と挨拶がありました。

 

その後の競技は、どの種目も学年独自の工夫があり、見ている観客も楽しむことがで
きました。生徒・教員・保護者が一体となり、歓声と拍手で盛り上がりのある体育祭と
なりました。

 

 

<お茶・ウイダーインゼリー>
PTCより、生徒行事協力品として差し入れさせて頂きました。

 

 

<親子玉入れ>
PTC主催の保護者参加競技です。保護者と子供が力を合わせて精一杯頑張りました。

 

 

閉会式では溝田会長より、
初めの男女色別リレーから12年生の創作ダンス、そして最後の綱引きまで、
練習の成果が保護者の元まで届き、感動させて頂きました。と挨拶がありました。

 

 

ご来場の皆さま、心温まるご声援をありがとうございました。

Return to Top ▲Return to Top ▲